女性ホルモンはサプリで増やせるの?

女性も45歳前後を境に更年期にはいります。
この時期は、閉経になり月経がなくなってくる時期でそれに伴いホルモンの変化が激しくなります。
たとえば、女性ホルモンが減少してくと更年期障害という病気になり、身体にさまざまな不調が起きてきます。

 

中でも辛いのが「ホットフラッシュ」と言われる、のぼせ、火照り、発汗、イライラなどでホットフラッシュ症候群などと呼ばれます。
また、女性ホルモンは自律神経系にわるさをしますから、自律神経失調症とよくにた精神的症状が現れることもあります。
たとえば、不安感、イライラ、焦燥感、落ち込み、やる気がでない、倦怠感などの症状です。

 

また、人によっては肌荒れ、乾燥肌などを訴える患者さんもいるようです。
このように女性ホルモンが減少すると身体のあちこちにいろいろな不調が見られてきます。

 

では、そんな減少した女性ホルモン=エストロゲンを増やすにはどの様にすればよいのでしょうか?
一番簡単なのはエクオールサプリですが、医学的にはホルモン補充療法などもあります。

HRTホルモン補充療法の効果と副作用

更年期障害でもっとっも治療として多いのがこのHRTホルモン補充療法です。
つまり、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンを直接血管内に補充してあげる方法です。

 

当然、血液中のエストロゲンの数は正常になるため、効果は早いです。
ただ、ホルモンですから、当然急激に補充することでいろいろな副作用も見られます。

 

中でももっとも、怖いのは乳がんや子宮におこるがんです。
ホルモンというものは非常にデリケートなものですから、それを人為的に短期間に補充することで
身体のあちこちでいろいろな反応が起こります。乳がんはこのHRTホルモン補充療法を行うと、
行わない人に比べて1,5倍以上の発生率が確認されています。

 

管理人としては、ホルモンを人為的にいじるというのはどうしても不自然ですし、
あまり、おすすめしません。

 

むしろ、エストロゲンと同じ作用をする「エクオール」をサプリメントで経口摂取することがベストだと思います。

エクオールサプリって何?女性ホルモンとどう違いの?

エクオールというのは、エストロゲンとは全く違う物質ですが、ほぼ同等の働きをしてくれる成分です。
つまり、エストロゲンを補充しなくてもエクオールを飲むことで女性ホルモンが増えたかのような効果が期待できるのです。

 

更年期障害が治るとはいえませんが、エクオールを摂取することで更年期やホットフラッシュがだいぶ緩和されることは
すでに常識であり、医学会でも認められている事実です。

 

ただ、ここで一つ問題になるのが、エクオールは大豆イソフラボンから産生される物質で、
実は日本人女性の2人に1人はこの大豆イソフラボンを摂取しても腸内でこのエクオールを産生できないということが
ごく最近になって分かってきたのです。

 

それまでは、更年期にはイソフラボンがいいと言っていたのですが、実は半分の女性にはまったく意味がなかったのです。
自分は大豆イソフラボンからエクオールを作れるのだろうか?を知りたいという女性も多く、病院でも検査してくれる
ところもあるようですが、最も簡単なのは、アマゾンでエクオール検査キットなるものが販売されているので、
どれで通販で判定が可能になっています。費用も数千円ですみます。

 

もし、エクオールを腸内で産生できないということが分かったら、エクオールサプリを飲みましょう。
エクオールサプリは、大豆イソフラボンからエクオールを産生してそれをサプリにしたもので、
自分の身体がエクオールを作れない腸内細菌の持ち主でもそれを飲めば血液内にエクオールが満たされ、
同じ結果を得ることができます。

 

管理人としては、AMCという会社がエクオールの日本での第一人者と言われる医学博士と共同開発した、
エクオール+ラクトビオン酸をお勧めします。

 

更新履歴